FC2ブログ

プロフィール

えみる

Author:えみる
えみるの日記へようこそですの。

注意ですの!!!
あたしのブログは、かなりマニアックで、
少なくとも健全な腐女子が読んで楽しいものではありませんの。
そんなダメなあたしが、ちょっとだけ妄想全開ですの!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ブロとも一覧


ようこそようこですの


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おうちに帰ってきましたの。

現在時刻。16時40分。

あと30分くらいしたら、準備始めるですの。

そしたら、ちょうどいいかな。

ん・・・それまで・・・

これ・・・

付けっぱなしですのね・・・


ちめたい・・・気持ち悪い・・・・




あっ、ここから先は、
人によっては不快な表現をモロ含みまくりですの。

お食事中の方とか、これからお食事される方とか、
おなかがいっぱいでくるしいよーという方とか、
とにかくお断りですのよっ!





あたし、オムツを穿かされて、
お漏らしさせられて、そのまま取り替えてもらえないシチュエーションだったんですけど、
ふと気を取り直してシャワーに入ることにしましたの。


だって。


だってぇ。


気持ち悪いですの。


ごめんなさい、うそですの。

気持ちは、いいですの。

でも、そのままですと、
刺激で、あたしの大事なところが炎症を起こしてしまうですの。

いまは大丈夫でも、明日悲惨な目にあうので、
さすがに、社会生活を脅かすプレイは勘弁ですのよ。


って妄想をしてるだけですのよ?

いちおう、念のため言っておきますけど。



さて。そんなこんなで17時45分。
ちょうどいい時間ですの。


もう、今日はだいぶ楽しんだので、あとはあっさりイクですの。


さて、準備するものは、

平オムツ2枚、粘着テープ、紙オムツL1枚、オムツカバーL、
グリセリン浣腸液 300ml、そして、
3wayチューブ

これ。

ダブルバルーンのカテーテル。
正式にはこれは、注腸用の器具なんですけど。

3wayチューブ先端

これ、先端にバルーンが二つついてますの。

ひとつは、フロントバルーン。
直腸の中で膨らみますの。

もう一つは、バックバルーン。
肛門の外で膨らみますの。

このチューブを肛門に挿入し、
前方バルーンを直腸のなかでふくらませると、
もうお尻からチューブを抜くことができなくなりますの。

さらに。

その状態で、後方バルーンを膨らませると、どうなるか。

直腸の中のバルーンは、肛門括約筋と直腸の蠕動で、
すこし自由な空間のある直腸内へ逃げようとするですの。

でも、後方バルーンがお尻の外で、肛門ギリギリに膨らんでしまうので、
前方バルーンとカテーテルはギリギリまで肛門のほうに引っ張られますの。

常にカテーテルを引き抜く力がかかっていて、
でもバルーンがあるので、絶対抜くことはできないですの。
それで、肛門括約筋は常に前後から強い力で圧迫されているですの。

当然、おうんちもできないですし、おならもできないですし、
お浣腸液を漏らすこともできないですの。

・・・そういう目的でつくられた医療器具ですから。


時刻は17時55分。
ちょうどいい時間ですのね。


あ、もう一つ大事な準備があるですの。

それは、
1794.jpg

キシロカインゼリー。
局所麻酔薬のはいったゼリーですの。

カテーテルの先端には、穴が開いていて、
そこから大量の浣腸液を注入できるのですが、
これ、入れるときに結構引っかかって、
粘膜を傷つけて出血するですのよ。

結構痛いですの。

なので、、、

これを、ガーゼ・・・は無いので(意外とあたし、詰めが甘いですの)
ティッシュにとって・・・塗るですの。

ど、どこに塗ったか言わないとだめですの?

こ・・・肛門ですの。

え?

外側だけじゃだめですの?

そうですよね、中に塗らないと。
中の粘膜に直接塗らないとだめですよね。

人差し指で、ゼリーをすくって、
指の腹を肛門の穴に押し当てて、軽く圧迫すると、
ぷちゅってほんの少しだけゼリーがお尻の中に、
・・・直腸の中に入りますの。
これですこし、潤滑がよくなるですのよ。

目をつむって(ホントは目を開けて、口もあけていたほうがいいですのよ?)
指を肛門の中にもぐりこませるですの。
くりゅっとした感触。人差し指が熱いですの。
ぬり、ぬり。

まだ、だめですの?

ゼリーを指ですくって、

くりゅっ・・・ぬり、ぬり。

すくって、

くりゅっ・・・ぬり、ぬり、ぬり、、、、

んんんん、、、

はーっ、はーっ。


それから。

あたし、おしおきだから。

お口に、粘着テープで、テープギャグされるですの。


んっ。んむむ。

んー。

(鼻でする息が、苦しいですの・・・)


あ、それから。

このカテーテルは3wayのスグレモノで、
液体の注入、排液、空気の送気脱気、の3つのチューブがひとつになってますの。

でも。

今回は、廃液と脱気は、必要ないですの。
なので、ボールペンのキャップを利用して、
ぎっちり栓をしますの。

ちなみに、液体の注入は逆流防止弁がついているので、

こうしてしまうと、液はいくらでも注入できて、出せないカテーテルの出来上がりですの。


んーっ・・・

(これを、あたしの、なかに、いれるの・・・?)

(いれて、そして、お浣腸液たくさん、いれられちゃうの?)

(そのあと、いくら便意をもよおしても、ぜったい、排泄できない・・・の・・・)


カテーテルチューブに、ゼリーをたっぷり塗って、

肛門に当てる。


力をいれると、ゼリーでどろどろになったあたしの肛門の中に、
カテーテルがずぶずぶっとうまっていく。

ずりっ、ずりりっ、と粘膜がこすれる感触があり、
やっぱりつるっとは行かないし、これでもう結構出血したですのねー
とおもうと、ちょっと萎える。


でも、


前方バルーンを膨らませると、

腸の中で

お尻が圧迫されて、

理性とかいろいろなものが吹っ飛ぶ。


んーっ、んーっ!

(キモチイイですの!!)


(も、もうすこし!あと10ccくらいふくらませるですの!)

注射器をつかって、バルーンを膨らませる。
プシューッ


んーーーーーーーーーーーーーッ
(あうぅーはうーぅうー、きもちいいですのぉ・・・・)


(こ、これで、後方のバルーンも膨らませたら・・・)


ぷしゅー

そして。

バルーンが膨らんできて

お尻に触る感触・・・と同時に

腸のなかのバルーンが引き戻されて

(ひ、ひっぱられるぅ・・・)

肛門が

ぴちっとはさまれ、圧迫され、身動きできなくされた。


んーーーーーーーーーっ、んーーーーーーーーっ、んんんっ!!んふぅ!ふ!ううう!んん!

(あうっ、あああっ、あはあああっ、キモチイイッ! いいっ! いくっ! いくっ!)

(ああーっ、いく、いかせて、いくいくいくっ!!)

んーーーーーっ






って。

気持ちよくなっちゃったから、今日はこれで終了ですの。



・・・え?

お浣腸してない・・・?


だって、妄想ですから。

なんかーいも言うようですけど、

あたし、実際にこんなことしたわけじゃないんですのよ?

ほんとですのよ?

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

■ No title

妄想でここまで細かい描写、凄いです。エロくて素敵です。
こんな娘が身近にいたら…と妄想してみたくなります^^

■ Re: No title

a さん

コメント、ありがとうですの☆
お返事遅くなり申し訳ありませんの。

妄想は素敵ですのよ

今後ともよろしくですの~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://nemiru.blog100.fc2.com/tb.php/28-a6da73bf

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。